忍者ブログ
My work of customized Blythe(Custom Blythe) and handmade clothes.
admin

2019.08.24 .Sat 02:29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.10.22 .Sat 14:22





画像クリックで拡大表示







数百年前に敗戦したきりの古城に住みつく、
姫の亡霊のイメージで作りました。
・・・いや、亡霊たちのプリンセス、といった方がいいかな?



よいご縁。もとい、入札がいただけますように*


オークションはこちら→★
オークションは終了いたしました。
ありがとうございました!


これからちょっとでかけるので、
制作後記は帰ってから書きます。














はぁ、ただいま帰りました。
制作後期というか、簡単な説明を書こうと思います。


mixiなどに「ゴスっぽい」ドレスと書いたんだけど、
ゴシックロリータを期待された方にはごめんなさいって感じ・・・かな?
私の思う「ゴス」って割とハードで、ずばり、十字架なんです。
それと、激しい信仰心。紙一重のところに存在する禍々しさ。


ちょっと暗くて恐い話になってきちゃいましたね。
そんなイメージを、今自分ができる中で詰め込みました。


ゴス自体は本当はもっと深いので、また別の機会にでも何か形にしていきたいテーマです。







さて、それぞれのアイテムについて。


ヘッドドレスは、蜘蛛の巣を模したグラウンドに、蜘蛛、薔薇のモチーフを。
それに繊細なエジングと、チェコガラスのビーズ。
このビーズ、スワロと違って、ゆるーく光るんです。
この光具合がギラギラせず古そうな感じで、個人的に大好きなんです。
古城にありそうな輝きっていうか・・・。

このヘッドドレスはほぼ円形なので、浅く深く、いろんな角度で被らせて、楽しめると思います。


ドレスは、胸元のピンタック、スカート部分の大きな刺繍、
裾にはドロンワークを施しています。
ウェストに挟み込んだ小さなブレードは、手編みです。

自分的には今回の型紙はかなり精度がよかったようで、
スカート部分はチュール、スカート、アンダースカートの3枚重ねですが、もたつきなどもなく、
縫いあがったとき、心の中でガッツポーズしちゃいました(*´Д`)


やけに手編み手編み言ってますが、
手編みにこだわりがあるわけではないんです^^;
サイズや長さ、柄も自由自在!っていうのがいいんです。


で、斜めがけするリボンも、くたびれた感じに作りました。
白っぽいシミもつけました。汚れじゃありませんw
斜めがけのコレ、なんか王家の人って感じするよね。
ちゃんとした名称がわかんないんだけど。どなたか教えてくださいv




簡単な説明といいつつ、長くなりました。
読んでくれてありがとう







拍手

PR
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [20]  [19]  [18
daily photo via instagram
プロフィール
HN:
Joe
性別:
非公開
自己紹介:
ブライスのアウトフィット作りがメインで、
ごくたまにブライスをカスタムします。
(以前はカスタムメインでしたが、逆転しました^^;)

ときどき、ヤフオクに出品しています。
---------------
ご意見・ご感想お待ちしております★(*^-^*)
出品中のブライスへのコメント欄を開けました。
(出品終了とともに閉めます)
お問い合わせなど、メッセージと合わせてご活用ください!

出品終了したものは、人様の手に渡った子たちですので、非公開で、メッセージにて賜わりたいと存じます。
また、内容によっては頂戴しましたメッセージに返信しかねる場合もございます。ご了承ください。
メッセージはこちらへどうぞ*
ブログ内検索
アクセス解析
(c)Atelier de VJI All Rights Reserved.
当ブログ内の文章・画像等の無断転載を禁じます。
Template by Joe.
忍者ブログ [PR]